このページの先頭です

コラム一覧 ドッグフードの選び方 無添加ドッグフードのメリットとは?コストのデメリットを解消

無添加ドッグフードのメリットとは?コストのデメリットを解消

95view

2018.01.20

無添加ドッグフードを与えるメリット

良質なタンパク質

犬にとって必要なタンパク質でも良質なものを選ぶなら、無添加ドッグフードがおすすめです。植物性タンパク質になるとそれだけ質が劣るからです。原材料として肉や魚を使用しているかというのが、とても重要です。粗悪なタンパク質のフードでは、消化吸収をしっかりできなくなり健康を維持しづらくなります。血液、骨、筋肉、皮膚、被毛を健やかに保つために欠かせないのが、良質なタンパク質です。

基礎代謝を向上し免疫力を上げるためにも重要な栄養素なので、質を見極めることはとても重要です。免疫力が落ちてしまうと、まず皮膚の感染症にかかってしまい、艶のない被毛になってしまいます。犬は、草食動物に比べると腸の長さが短くなっています。そのためにも、消化吸収しやすい良質なタンパク質を選ぶ必要があります。

チキンミールや肉骨粉の不使用

ドッグフードの中には、ミールや肉骨粉が入っているものもありますが、これらは犬にとって悪影響が出る可能性があります。チキンミールは、鶏のいずれの部位を使っていることで表記ができます。そのため、どんな状態の鶏が入っているかも分かりません。

コストダウンをしているドッグフードであれば、鶏の生肉ではなく廃棄する部分が入っているものがほとんどです。病死や感染している鶏などから製造していれば、愛犬への悪影響が否定できません。

穀物不使用で無添加

穀物は、犬にとってアレルギーの原因や消化しづらさがあります。栄養価も低く、犬にとってはこれだけで栄養面を満たすことはできません。栄養バランスを壊してしまうリスクの方があります。

穀物不使用であれば、栄養バランスを壊す可能性も低く、犬の健康問題を避けることにも役立ちます。穀物使用のものを食べ続けることで、肥満、糖尿病、高血圧といった疾患にかかる可能性を高めてしまいます。できるだけ元気で一緒に暮らすためにも、慎重に選ぶ必要があります。

無添加

獣医師も推薦するのが無添加ドックフードですが、文字通り人工添加物不使用を意味しています。そのため、香料や調味料、着色料なども含んでおらず、素材だけの香りや風味をそのまま味わえます。年齢別で選ぶドッグフードもありますが、無添加の場合には、幅広い世代の犬にも使用できるため、老犬にもおすすめです。

何らかの影響で食いつきが落ちた犬、歯が弱ってしまった犬にも安心です。アレルギーのためにかゆみや脱毛が起こってしまった犬でも、無添加のものに変えることで改善が期待できます。また、体調不良がない場合でも、季節やストレス、運動不足で食いつきが落ちることがありますが、その場合にも改善が目指せるようになります。

無添加ドッグフードを与えるデメリットを解消

無添加ドッグフードには、安心して与えることができるメリットがあります。健康を維持して行くためには、慎重に選ぶ必要があります。これまで、犬種や年齢別だけで選んでいなかったでしょうか?しかし、一般的な市販のドッグフードと比べてみるとコストが高くなるのは、デメリットと感じるものです。

デメリットを解決するためには、少しでもコストを抑えるために無添加ドッグフードを定期購入するのもおすすめです。大切なのは、犬に継続して与えることが可能な値段であるかどうかです。定期購入なら決まった割引が適用可能で、送料が無料になるなどのメリットがありますし、何よりも在庫切れにならないので安心です。

一時的に無添加ドッグフードを与えるのではなく、長期的に継続できるためにも、定期購入を選べば継続しやすくなります。しかも、定期的に配送されることで買い忘れになるのも防げるだけではなく宅配便で配送されるので購入に出向く負担もなくなります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る