このページの先頭です

コラム一覧 ドッグフードの与え方 犬がドッグフードを食べない&食いつきが悪い理由と改善策まとめ

犬がドッグフードを食べない&食いつきが悪い理由と改善策まとめ

87view

2018.01.20

犬がドッグフードを食べない&食いつきが悪い理由

与えているドッグフードが気に入らない

犬がドッグフードを食べない、食いつきが悪い理由で多いのが与えているドッグフードの味や匂いが気に入らないからというものです。嗅覚の優れている犬は、匂いで「この餌は新鮮かどうか、美味しそうか否か」を判断するところがあります。時間が経って食欲をそそる匂いを発しなくなったドッグフードに興味が出ない、または単純に自分の好きな味ではないことから食いつきが悪くなっている可能性があります。

置き餌をしている

いつでも好きなタイミングでご飯を食べられるようにと置き餌をしていると、犬は「いつでも餌があるんだからいつ食べてもいい」と思ってしまいます。なかなか決まった時間にご飯をあげられないから、家を空けている時間が長いからと頻繁に置き餌をしていることで、犬の食いつきも悪くなっているのでしょう。

問題のドッグフードでアレルギーが出る

ドッグフードに含まれる原材料によってアレルギーを発症してしまう犬もいます。問題のドッグフードを食べるとお腹が痛くなる、体が痒くなるから食べなくなっているのかもしれません。ドッグフードを食べたあとに下痢や嘔吐がないか、体を引っ掻いていないか確認してあげましょう。

環境の変化による緊張

今までいた場所から知らない場所へ来た、知らない人間や動物が縄張り(家)にいる、知っている人間がいない、外から大きな物音がするなど環境の変化による緊張がストレスになり、そのせいでドッグフードの食いつきが悪くなることもあります。特に飼い始めてからしばらくは、犬も緊張していて落ち着いて食事どころではないのです。

誤食や風邪などによる体調不良

おもちゃを誤食して胃が膨れている、風邪を引いたなどによる体調不良からお腹が減っていてもドッグフードを食べる気力がないという場合もあります。どのようなドッグフードを与えてもダメ、おやつや水さえも受け付けないのであれば早急に獣医へ連れて行きましょう。

老化による歯の弱り

人も年を取れば歯が弱くなりますが、それは犬も同じです。だからこそ犬も年齢別で硬さや味つけの違うドッグフードが用意されています。年を取った犬であれば、老化により歯が弱っていて硬いドッグフードをうまく噛めないせいで食いつきが悪くなっていると考えられます。お湯でふやかして柔らかくしたときだけ食べるのならば、その可能性が高いでしょう。

運動不足

人も運動不足だと食欲が出てきませんし、犬だって運動量が足りていなければお腹が空かないのでドッグフードを食べません。散歩へ行ってよく体を動かした日は食べるのに、1日家の中にいた日は食べないのであれば食いつきが悪いのは運動不足のせいです。

ヒートもしくはヒートに興奮

女性が月経前~中は体調不良になるように、犬もそうなることがあります。メスの場合は発情前期、発情期によるヒートで食欲減退、オスなら近くにいるヒートのメスに興奮して食事どころではなくなっています。

改善策

病院で検査

確実なのはまず病院で検査をすることです。アレルギーがないか、誤食していないか、虫歯や歯周病はないかを検査しましょう。体調が悪そうだと感じたら、気休めでもいいので病院へ連れていってください。

アレルギー、年齢別に合ったフードに替える

アレルギーの出にくいもの、年齢別に合ったフードを与えることで体調も良くなる上に食いつきも良くなります。子犬の頃にアレルギーがなかったとしても、ずっと同じドッグフードを食べるうちにアレルギー反応が出ることもあるのです。また、年齢別に与えるドッグフードを変えてあげることで、体調や歯の健康を守ることもできます。

置き餌をしない

置き餌をすると「いつでも食べられる」と食べなくなりますし、食べようと思った頃には新鮮な餌ではないので「美味しくなさそうな匂い」とますます食べなくなります。ドッグフードを与える時間を決め、目の前に置いてから30分経っても食べないなら下げましょう。

そうすると犬は「目の前に出てきたときに食べないと餌がなくなってしまう」と思うので、出したタイミングで食べてくれるようになります。これは古いドッグフードでお腹を壊すなどの被害を防ぐためにも有効です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る