このページの先頭です

コラム一覧 アレルギー対策 犬のアレルギーの原因と改善対策!食物性と環境性ごとに解説

犬のアレルギーの原因と改善対策!食物性と環境性ごとに解説

86view

2018.01.20

愛犬の食物性アレルギーの原因と改善方法について

近年では子犬や成犬、老犬など、それぞれの年齢別に適したドッグフードが市販されています。年齢別に適したドッグフードのメリットは、年齢に沿って健康維持に必要となる栄養素やカロリーがバランスよく配合されていることです。飼い主は、愛犬の健康をいつも考え、多種多様のドッグフードの中から、いいと思うものを選んで愛犬に与えています。

しかし、犬も人と同じように食べ物を摂取した場合に、アレルギー症状が出ることがあります。犬のアレルギーには、大きく分けて食物性アレルギーと環境性アレルギーの2つあります。食物性アレルギーの原因と改善方法については、以下の通りです。

食物性アレルギーの原因とは?

食物性アレルギーとは、ドッグフードに含まれる食材などによって起こる症状です。症状を引き起こすアレルゲンとしては、乳製品や穀類、卵などがあり、犬によっては牛肉や鶏肉などの食材によってアレルギーを発症することもあります。

また、犬のアレルギーについては、人と同じようにアレルギー検査ができるため、犬のアレルギー症状で悩んでいる場合は、動物病院でアレルギー検査を行い、アレルゲンを特定することができます。

食物性アレルギーを改善する方法とは?

食物アレルギーは、その原因となっている食べ物を与えないことが唯一の治療法です。そのため、動物病院を受診してアレルゲンが特定された場合、それが含まれていないドッグフードを選ぶようにすることが大切です。ドッグフードはもちろん、おやつの原材料もしっかりと確認し、テーブルからの拾い食いなども一切やめさせる必要があります。

もし、何らかの事情でアレルゲンを特定できていない場合は、今迄食べたことのない食材を使用しているドッグフードを選ぶようにしましょう。食物アレルギーの発症については、大抵食べたことのある食材のタンパク質が原因となるためです。また、初めて食べるものであれば、愛犬の食いつきが良くなる場合もあります。その他、アレルギーを改善するためのドッグフードの選び方については、以下の通りです。

原材料が少ないもの

ドッグフードの原材料として使われている食材の種類が、少ないものを選ぶようにしましょう。多くの原材料が使用されている場合、検査では検出しきれなかったアレルゲンが紛れている可能性もあります。さらに、もし、そのドッグフードでアレルギー症状がでてしまった場合、どの食材がアレルゲンとなっているのかが、特定がし辛くなります。

無添加のもの

添加物がアレルギーの原因になっていることがあります。そのため、合成保存料などを一切使用していない、無添加のドッグフードを選びましょう。無添加で、食材の持つ栄養素を活かしているものなどは、素材も良く、愛犬の食いつきが良くなる場合もあります。

愛犬の環境性アレルギーの原因と改善方法について

犬の環境性アレルギーの原因と改善方法については、以下の通りです。

環境性アレルギーの原因とは?

犬の環境性アレルギーには、アトピー性とノミアレルギー性があり、カビやハウスダスト、ダニやノミなどに接触したり、吸引したりすることで発症します。

環境性アレルギーを改善する方法とは?

犬の環境性アレルギーの症状としては、痒みや皮膚の赤み、発疹などが現れることが多いです。これらの症状を改善するためには、薬用シャンプーでのケアがおすすめです。ただ、肌の状態やアレルゲンに合わせて適切なシャンプーを選ぶ必要があります。

ノミアレルギー性皮膚炎の場合では、寄生しているノミを駆除する必要もあるので、洗浄力の強いシャンプーを使用します。しかし、洗浄力の強いシャンプーを使用すると、刺激が強く、症状を悪化させる可能性もあるため、保湿力の高いセラミドなどが配合されたシャンプーを選ぶといいでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る