このページの先頭です

コラム一覧 ドッグフードの与え方 愛犬の為に選んだドッグフード、でも近頃食欲無さそうと思ったら

愛犬の為に選んだドッグフード、でも近頃食欲無さそうと思ったら

81view

2018.01.20

飼い主さんが愛犬に愛情をもって選んだドッグフードでも時には

何時でも愛犬の為を考えて選ぶドッグフードですが

飼い主さんで、愛犬の健康や幸せを願っていない人は、勿論いません。愛犬には健康で幸福に長生きして欲しいと思っているのが、飼い主さんの共通の願いです。ドッグフードを選ぶ時にも、慎重にその子の健康にもいいような品を選ぶことでしょう。

しかし気がついて見たら、どうも食いつきが良く無いようだと感じることはありませんか。ちゃんと食べてくれてはいるけど、あまり美味しそうに食べていないような気がしたり、ご飯に突進したりしてくれないと言う悩みは無いでしょうか。

人間と同じに犬たちにも好みが

人間だって好きな食べ物と嫌いな食べ物がありますが、犬たちでも同じことです。どうもこのドッグフードの味は好きじゃないな、と思っている犬でも出されればきちんと食べるでしょう。でもいささか幸せ感に欠けたように見受けられますね。そんな時はドッグフードを変えてみるもの一つの手です。我儘な犬だと思わずに、自分ならどう思うかどう感じるかも考えてあげてください。

好きなものばかりで偏るのも問題ですが、美味しく感じるものを幸せそうに食べて欲しいと思いませんか。またこれも人間と同じく、何時も同じものばかりではさすがに飽きるものです。時には違うものを与えてあげるのも、味に変化があって食欲増進に結び付くことでしょう。

好みも変わることがあるのをお忘れなく

この子はこのフードが好きだからと、同じものばかり与えていると飽きてしまうことも、また何時の間にか味の好みが変わっていることもあります。体調や年齢によって味の好みも変化するのは、人間だけではありません。若い頃には肉料理が好きだったのに、年を取ったらすっかり菜食になったなどと言う人も多いはずです。

同じことが犬たちにもいえます。以前はこのドッグフードが大好きだったはずなのに、どうも近頃食いつきが良く無いと感じたら、好みが変わったかなと察して上げてください。その時々の好みを把握しておくのも愛情です。

こんな時にはしっかりと見直してみようドッグフードの種類

アレルギーは人間だけの専売特許ではありません

身体は、日々変化していきます。昨日までどうと言うことも無く食べていたもので、いきなりアレルギーを発症することがあります。人間もそうですが、犬もそういったケースが無いとは言えません。また生まれつきの食物アレルギーを持っている犬も、もちろんいます。

獣医師さんの健康診断でそれが早めに判明していれば、ドッグフードもそれに見合うものをすすめてくれますが、ある日突然の場合は飼い主さんがしっかりと見ているかどうかで決まります。これはひょっとしてと思ったら、真っ先に獣医師に相談してアレルギーに対応したドッグフードを教えてもらいましょう。食べ物のアレルギーが元で体調不良を起こさないように、しっかりとチェックしておきましょう。

加齢による味の好みも歯の衰えも考えて

加齢による好みもですが、歯が衰えるのもまた人間でも犬でも同じことです。今まで大好きでカリカリと元気よく食べていた乾燥フードが、段々と減り方が少なくなって来たら、いい音をさせて食べてくれなくなったら、加齢による歯の問題が出てきています。

そんな時は缶詰タイプの物で様子を見てみましょう。そちらにはきちんと食いつくなら、歯が弱っている可能性が大です。そして愛犬の年齢を考えて、年齢別のドッグフードを与えることも考慮に入れてください。

年を取ると食が細くなることもありますので、年齢別のフードの特に年を取った犬に対応した物は、ビタミンなども加えられていますので、多く食べられなくなっても栄養補給は出来るように考えられています。愛犬には何時までも若くいて欲しいものですが、こればかりは仕方ありません。年齢に応じた食事に切り替えてあげるのも、また愛情です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る